メニュー

ブログ

紫外線の強い時期の【シミ取り】(2022.05.05更新)

日に日に、日が長くなる今日この頃。

日に日に、紫外線が強くなっている今日この頃。

 

今の時期も、【シミ取り】に、
たくさん来院していただいております。

 

紫外線の強い時期の【シミ取り】は、
してはいけないわけではありません。

 

実際、当院でも、この時期から夏にかけてでも、
【スポットシミ取り】させていただいております。

 

重要なのは、紫外線対策。

 

シミは、紫外線により、増えたメラミンの集まり。

シミの多くは、「日光黒子(老人性色素斑)」や

「そばかす:雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれるもの

 

シミのできやすい肌は、やっぱり、この時期、
紫外線が強い時期、シミができやすいのです。

 

また、傷や、レーザー照射後の肌では、

より紫外線に敏感な状態になっています。

転んだ傷に、紫外線を強く浴びると、傷跡として残りやすかったり

スポットシミ取り後に、紫外線を強く浴びると、

色素沈着や過度のメラニン色素の増殖が起こったりします。

 

レーザー治療後に、紫外線対策をしっかりしていただければ、

【シミ取り】をしてもよい訳です。

当院でも、施術後の紫外線対策をしっかりお伝えして、

【シミ取り】をさせていただいております。

 

ですが、生活環境やスタイルによっては、

十分な紫外線対策ができない方もおられます。

そういった場合は、少しでもリスクを減らすため、

秋以降の、紫外線が弱くなった時期の施術をお勧めします。

 

紫外線対策をしていても増えてしまったシミを

紫外線の弱い間の秋冬に、【シミ取り】をお勧めします。

 

【手のシミ取り】につきましては、

基本、紫外線が強い時期は、お勧めしていません。

手の紫外線対策が、難しいからです。

手洗いの回数も多く、

日傘で顔はカバーできても

手は日差しを浴びていることもしばしばなので

秋冬がお勧めです。

 

【シミ取り】するぞ~と、
意を決して受診していただいた患者様に

決心を揺るがすようなお話を毎回しています。

 

特に新規の【シミ取り】患者様には、

以上の点を、まず考えていただき、生活スタイルから、

【今】なのか?を検討のうえ、

ご予約いただければ幸いです。

 

もちろん、再照射、2個めの再診の患者様も同様です!

 

※新規の患者様には、なかなかご予約をいただけない中、

ご不便をおかけし、やっと取れたからこの時期の【シミ取り】

となっている場合もあると思いますこと申し訳ありません。

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME